2021.1.18 暗号資産マーケットレポート【ビットコインは上値の重い展開が継続】

先週末のビットコイン相場は下落。40,000ドルあたりまで金曜日は反発が続いていたが、徐々に上値を切り下げる展開となっており、一時34,000ドル割れの水準まで下落する動きとなっており、引き続き1,000ドル以上は当たり前のように動く展開となっている。

一方でアルトコインは対ビットコインを比較すると相対的に強含む展開となっており、ビットコインからアルトコインへの資金が移っている様子か。

UBSが暗号資産の価値が0になるリスクを警告していたり、世界的な公的機関がビットコインの価値の本質性に疑問を呈するようなコメントが出ていたりする点はマイナス材料なものの、引き続き機関投資家が購入するフローは継続していることから、短期的な大崩れというのは考えにくいか。

一部の海外のコメントではマイニング勢は20,000ドルから25,000ドルあたりを推移してくれればマイニングでも採算が合うようなコメントが出ており、中長期的には下がったところは買っていくスタンスで良さそう。

テクニカルではビットコインは上値が重い状況となってきており、短期的には底堅いものの、どんどん上昇するような雰囲気は後退している。

本日は両サイド可能性としてはあるため、34,000ドルに急落する場面では短期的なロングを構築しつつ、取れるところだけを取るスタンスでいいか。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12