ビットバンク、セキュリティ強化を目的としてXRPの預け入れアドレスを変更へ

ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所「bitbank」(以下、ビットバンク)は3月2日、セキュリティ強化を目的としてXRPの預け入れアドレスの変更する予定であると発表した。なお、現行の預け入れアドレスは変更完了まで利用可能だ。

ビットバンクが現在使用している「rw7m3CtVHwGSdhFjV4MyJozmZJv3DYQnsA」のアドレスからビットバンクが保持している「rwggnsfxvCmDb3YP9Hs1TaGvrPR7ngrn7Z」へXRPを送付したこともあわせて公表している。また、現在使用中のアドレスを他の取引所・ウォレットへ登録している顧客に対して、入金の際に必ず入金用アドレスを確認するよう呼び掛けている。

ビットバンクはアドレス変更完了後、同社ブログにて告知する予定だ。さらに、XRPを含む全ての仮想通貨において、セキュリティ強化を目的としたアドレス変更が行われる可能性があるとしており、ビットバンクユーザーはアドレスへの注視が必要だ。

【関連ページ】bitbank(ビットバンク)の口コミ・評判・口座開設

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」