アクサIM「男女平等と多様性は今後、企業の必要条件に」、ジェンダー平等の調査レポート

ビジネスにおけるジェンダー・ダイバーシティ(性別、人種などの多様性を尊重する姿勢)は良好なコーポレート・ガバナンスにつながるという見方が、日本でも受け入れられつつある。アクサ・インベストメントマネージャーズは英国現地時間の3月9日、オウンドメディア「Tomorrow Augmented」で「ジェンダーの平等およびダイバーシティは今後の企業の必要条件に」とする記事で、「投資家にとってジェンダー・ダイバーシティは急速に投資先企業の必要条件になりつつある」とレポートしている。

2019年夏、ダイアン・モアフィールドという女性が米国の自動車オークション会社の最高財務責任者として雇用された。この人事により、「S&P 500指数構成銘柄」で、男性だけで取締役会を構成する企業はなくなった。今年、ゴールドマン・サックスは「少なくとも1人の女性(または白人ではない人)が取締役会に参加していない限り、その企業の新規株式公開に取り組まない」という方針を発表している。

クレディ・スイスは、経営陣に占める女性の割合が15%未満の企業、20%以上の企業、30%以上の企業の過去約10年の業績を比較した。ジェンダー・ダイバーシティが平均を超える企業の業績は、2010年1月から2019年5月にかけ、同社の「クレディ・スイス・ジェンダー3000」の分析対象企業と「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス」の銘柄の平均を上回っていた。

ピーターソン国際経済研究所の研究は、取締役会および広範な従業員の中でのジェンダー・ダイバーシティは財政的な観点からポジティブという見方を支持している。経営陣に女性がいなかった企業が女性比率を30%まで増やした場合、収益の15%の増加に関連すると結論づけている。さらに、マッキンゼーの分析では、経営陣のジェンダー・ダイバーシティ上位の企業は、収益性で高いパフォーマンスを示す可能性が高いと強調されている。また、ダイバーシティが進んだ企業は高い配当利回りが高く、ボラティリティとリスク・エクスポージャーが低くなる傾向があり、「投資家にとっては朗報」とする。国際金融公社によると、取締役会のダイバーシティ化は、環境、社会、ガバナンス(ESG)の基準も改善し、好業績に繋がるという。

一方で、ビジネスでのダイバーシティは十分に浸透しておらず、マッキンゼーによると、最高経営幹部レベルの役職で、女性の比率は21%に過ぎない。女性の昇進を妨げる障壁の存在、女性が低位の職位に留め置かれる状況は根強い。

こうした現状を改善するため、同社は「投資家は、経営層に占める女性の割合などの基本的な重要業績評価指標、業界ごと、国や地域での他社比較を行い、長期的な進捗に注目すべき」と主張する。企業は採用、昇進、メンター制度、性別による賃金格差、育児休暇の提供に関するデータをより多く公開しており、提供されない場合、投資家は開示を要求できる。また、注目すべき点として、投資先企業の戦略、目標、雇用、人事評価に関する方針、ダイバーシティやインクルージョンの担当責任者がいるか、ジェンダーの平等に関するグローバル指標であるEDGE認証などを達成しているか、外部評価ランキングに登場しているか、などを挙げる。

「ジェンダーに関する平等とダイバーシティは改善しつつあるが、依然として発展途上。投資家からの圧力や監視の強化は、将来、ジェンダーのバランスが企業の必要要件となるのを後押しするはず。これは企業から投資家、もちろん女性自身、すべての関係者にとってウイン―ウインとなる」と同社は提唱している。

【関連サイト】アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」