UNDP Accelerator Lab、ブロックチェーンでインド産スパイスの生産・流通管理に取り組みへ

国連開発計画(UNDP:United Nations Development Programme)インドのAccelerator Lab(A-Labs)は、インド産スパイスの開発・促進に取り組むSpices Board Indiaと協力し、ブロックチェーン基盤の流通管理トレーサビリティインタフェースの開発に取り組むことを明らかにした。4月9日、アジア産業経済ニュース Indo Asian Commoditiesが伝えている。

UNDPは、貧困の根絶や不平等の是正、持続可能な開発を促進する国連の主要な開発支援機関。「国家にとっての真の宝は人々である」という信念に基づき人々や国々の能力を育てる活動を約170の国や地域で行なっている。UNDPは国連の中核的な開発機関として、世界を変えるために2030年までに達成すべき17の目標「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の策定に役割を果たしており、世界におけるSDGs普及の推進力となっている。

本計画は、日本企業の技術・ノウハウ・ネットワークを活用して、A-Labsが特定したSDGs関連の課題の解決策をA-Labsと日本企業が共同で検討する「Japan SDGs Innovation Challenge for UNDP Accelerator Labs」の一環だ。ブロックチェーンを活用したスパイスの生産・流通管理は2019年から取り組みが始まっており、2021年5月までにブロックチェーン・インターフェースの設計を完了し、アンドラ・プラデシュ州グントゥールで唐辛子栽培に従事する3,000人以上の農家を対象に試験的な実施が行われるという。

インドは、総人口の50%以上が農業に従事し、内80%は2ヘクタール以下の小規模農家で、多くが貧困にさらされている。UNDPはブロックチェーンを活用した生産・流通管理の透明化によって収入の公平性を図るとともに、不純物混入の回避、輸出促進、天候による価格変動などの対処強化も目指している。

Spices Board India 長官のD Sathiyan氏は、このプロジェクトは香辛料のバリューチェーンを効率的に透明性が高く、公平にするためのマイルストーンとなると話す。また、このインターフェースはすでにSpices Board Indiaが開発する「e-spice bazaar」と統合する計画が進められているという。

【参照記事】UNDP India’s Accelerator Lab will help Spices Board of India develop a blockchain-powered system for traceability interface

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。