リップル社、中東最大の送金サービスUAE Exchangeと提携

国際送金ソリューションサービスを提供するリップルは12日、アラブ首長国連邦のアブダビに拠点を置く送金サービスUAE Exchangeと提携したことがわかった。UAE Exchangeは世界31カ国に800カ所近い支店を擁する中東最大の国際送金サービスだ。

今回の提携でUAE Exchangeは100社以上の銀行および金融機関が参加するブロックチェーンネットワーク「RippleNet(リップルネット)」に加わることになる。同社の送金システムにXRPが採用されるわけではないが、リップルネットワークの活用によってリアルタイムで低コストなクロスボーダー取引の実現を目指すようだ。

リップルは、すでにMoneyGramやSantander UK、IDT CorporationやMercury FXといった金融関連企業との提携を発表している。今後も送金市場における競争力を高めるためにリップルの迅速な送金システムの活用を考える企業は多くなると期待される。

【関連記事】リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・購入方法
【参照サイト】UAE Remittance Firm Partners With DLT Startup Ripple

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」