テザー社がステーブルコインTether(USDT)の担保資産の内訳を初公開

ステーブルコインTether(USDT)の発行及び管理を行うテザー社が、Tetherの担保資産となる準備金の内訳を公開した。内訳は2021年3月31日時点のものとなっている。

  • 75.85%:現金及び現金同等物、その他短期預金、コマーシャルペーパー
  • 12.55%:有担保貸付(関連会社への貸付はなし)
  • 9.96%:社債、ファンド、貴金属
  • 1.64%:その他の投資(デジタルトークンを含む)

なお、全体の75%以上を占める現金及び現金同等物に関しては、以下の内容で構成されるという。

  • 65.39%:コマーシャルペーパー
  • 24.12%:受託者向け預金
  • 3.87%:現金
  • 3.6%:リバース・レポ・ノート
  • 2.94%:トレジャリー

米暗号資産メディアThe Blockによると、Tetherの担保資産の内訳において現金が一部に過ぎない(3.87%)理由についてテザー社は、「現金および現金同等物の中で現金だけに着目するのは誤解を招く恐れがある。現金ではないものも流動性の一部として考慮する必要がある。」とコメントしたという。

現金以外の内訳の1つである、その他の資産(デジタルトークンを含む)についてはビットコインのみが対象になっているとしている。テザー社は、ビットコインを資産を分散させることによるリスク管理において重要な役割を持つと言及。他社と同様にテザー社でもビットコインをバランスシートの一部として捉えているとした。

また、現金内訳の65%以上を占めるコマーシャルペーパーについては、商慣習にならいカウンターパーティーの詳細を明かすことはしないとの方針を示している。

テザー社は、Tetherの担保資産を巡るニューヨーク司法当局(NYAG)からの訴訟問題に対して、2月23日に1,850万ドルの罰金を支払うことで和解している。その後、財務報告書の提出も行なっており、2月28日付でテザー社の連結総負債額が351.5億ドルであるのに対し、総資産は少なくとも352.7億ドルと報告されていた。

【参照記事】Reserves Breakdown at March 31, 2021

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec