テレグラムの超大型ICO、目標規模を20億米ドルに引き上げ

ロシア発の暗号化チャットアプリのテレグラムが、仮想通貨史上最大規模のICOを予定していることが今月初めに報道された件に、さらなる展開が見えた。資金調達の目標規模を20億米ドル(約2,220億円)に引き上げたのだ。

ICO計画発表時点でテレグラムは合計12億ドルの調達を目指しており、すでに過去行われたICOのなかで最大規模であった。今月行う機関投資家向け私募では8億5000万ドル、さらに3月の一般投資家向けの公募で11億5000万ドルの調達を目指すことがわかっている。ビットコインのヘッジファンドを共同経営するGregory Klumov氏によると、仮想通貨の需要の高まりに伴い、すでに流通市場ができあがっている状態だという。

同社はICOにより独自のブロックチェーン「テレグラム・オープンネットワーク(TON)」を開発し、トークン「グラム(Gram)」を発行予定だ。先週リークしたホワイトペーパーによると、TONは既存のビットコインやイーサリアムが直面する大量取引の処理能力の欠如やサービスの制限を解決すると言われており、第3世代のブロックチェーンと呼ばれている。

テレグラムがICOの規模拡大を目指す一方で、ロシア国内や各国でICOの規制が強化されている。まずは機関投資家に向けた資金調達がどうなるか、今後の展望を注意深く見ていこう。

【参照サイト】Telegram Raises Target for Biggest ICO Ever to $2 Billion
【参照サイト】リークされたテレグラムICOのホワイトペーパーを入手! 計画の信憑性を検証する

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」