デジタル資産カストディTaurusがAaveを統合、機関投資家へDeFiサービスを提供

DeFiレンディングプロトコルAaveが、デジタル資産プラットフォームTaurusとの戦略的提携を3月8日に発表した。現在のAaveにはバージョン1とバージョン2があり、Taurusはそのいずれも自社システムに統合するという。

TaurusはAaveの統合背景について、機関投資家や銀行などの顧客によるDeFiや暗号資産への需要が高まっている点があげられると説明した。Aaveとの統合を皮切りにDeFiとの架け橋を築いていくと発表しており、今後も他のDeFiプロトコルを統合していく計画が伺える。

今回の取り組みにより、Taurusのデジタル資産管理システムにAaveのプロトコルが統合され、Taurusの各サービスから暗号資産やDeFiに直接アクセスすることができるようになるという。

具体的には、Taurusの提供する資産管理(カストディ)サービスTaurus-PROTECTとスマートコントラクト発行プラットフォームTaurus-CAPITALの両方にAaveを統合し、Taurusの利用者がAaveのサービスを気にすることなくAaveの機能を利用することが可能になる。

Aaveは、特定の仲介者なしに暗号資産の貸し借りができるDeFiレンディングプロトコルだ。基本的に借入時には暗号資産を担保に入れる必要があるものの、Aaveでは無担保で借入が可能なFlash Loans(フラッシュローン)という仕組みを積極的に提供している。

また、Aaveに暗号資産を貸し出すことで得た与信枠を他者へ移譲するCredit Delegation(クレジットデリゲーション)といったサービスを提供している点も特徴だ。

2020年8月には、イギリスの金融行動監視機構(FCA: Financial Conduct Authority)より、電子マネー機関としてのライセンスを取得しており、暗号資産取引所を介すことなく法定通貨で各DeFiプロトコルを利用するための仕組み整備に奔走している。

今回発表したTaurusとの提携について、AaveでCEOを務めるStani Kulechov氏は次のようにコメントした。

「DeFiは、資本を効率よく活用できるよう透明性を高めることで、費用対効果の高いソリューションを提供する仕組みです。我々は、安全なカストディ事業者とスマートコントラクトプラットフォームを通じて、銀行などの金融機関をDeFiに参入させる役割を担うTaurusと協力できることを嬉しく思います。」

【参照記事】TAURUS – next generation digital assets platform: Taurus and Aave announce strategic collaboration

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec