AIによる「ESG経営先進企業」100社 サステナ、第2回「SUSTAINA ESG AWARDS 」受賞企業を発表

サステナビリティ(持続可能性)に特化した企業評価プラットフォーム「SUSTAINA」を運営するサステナ株式会社は8月30日、サステナビリティー活動に積極的に取り組む企業を表彰する「SUSTAINA ESG AWARDS」の2回目となる2019年度の受賞企業を発表した。アワードは「先進的な受賞企業を模範に、多くの企業でサステナビリティー活動が活性化すること」を目的に、各企業の環境への取り組みや、働き方改革、ガバナンス強化などを促すことで、持続的な社会の発展につながることを目指す。

「総合部門」はESGスコアと財務スコアからなる総合スコアの上位100社をESG経営先進企業として選定。上位20社をゴールドクラス、30社をシルバークラス、50社をブロンズクラスで表彰する。

「ESG部門」は「ESG経営先進企業」の中からE環境、S社会、Gガバナンスの各スコアの高い3社をゴールド、シルバー、ブロンズで表彰する。「業種別部門」は東京証券取引所・証券コード協議会が定めている33業種ごとに、総合スコアの高い3社をゴールド、シルバー、ブロンズで表彰。受賞企業には積極的なサステナビリティー活動を称え、受賞ロゴマークを授与する。

ESG評価は、社会的責任に関する国際規格「ISO26000」をベースとした独自のAI評価システムを用いている。企業がWebサイトで公表している情報を調査・分析しESGスコアを算出。ESG指標は「社会的責任全般」「組織統治」「人権」「労働慣行」「環境」「公正な事業慣行」「製品・サービス責任」「コミュニティ参画・発展」で、評価項目は200以上にわたる。

今回は、総合部門のゴールドクラスで住友林業、アサヒグループホールディングス、昭和電工、クレハ、富士フイルムホールディングス、コニカミノルタ、ライオン、ダイキン工業、セイコーエプソン、パナソニック、ソニー、横河電機、アドバンテスト、シスメックス、カシオ計算機、村田製作所、ヤマハ、リンテック、ユニ・チャーム、MS&ADインシュアランスグループホールディングスが受賞した。

業種別部門の「銀行業」では、りそなホールディングス、三井住友トラスト・ホールディングス、みずほフィナンシャルグループ、「証券・商品先物取引業」は大和証券グループ本社、SBIホールディングス、SMBC日興証券、「保険業」はMS&ADインシュアランスグループホールディングス、東京海上ホールディングス、SOMPOホールディングスがそれぞれ選ばれた。「その他金融業」ではリコーリース、芙蓉総合リース、オリックス、「不動産業」では三菱地所、ヒューリック、三井不動産に決定した。

【参照リリース】SUSTAINA ESG AWARDS 2019 受賞企業一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」