個人投資家の関心薄れが明らかに。ビットコイン強気相場は機関投資家が先導か

英デジタル資産管理会社のCoinSharesは、2019年のビットコイン相場は個人投資家の関心が比較的薄く、機関投資家の参入に左右されているとするレポートを発表している。

2019年上半期は、2017年に見られたアルトコインラリーが起きていないため、現在の相場は機関投資家の影響による相場である可能性が指摘されている。2017年の「仮想通貨バブル」は個人投資家の資金による相場であったことため、機関投資家参入によってビットコインをはじめとする仮想通貨は最高値の更新も期待できるとして、機関投資家の動向には絶えず注目が集まっている。

また、仮想通貨を巡る動きで最も注目されているトピックのひとつはFacebookが関わる独自のデジタル通貨プロジェクト「Libra」だ。ビットコインやイーサリアム、XRPに関してもそれぞれ、金融への融和やスケーラビリティ問題の解決といった進捗は見られるものの、話題性には今ひとつ事欠いている印象だ。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Report: Institutional Investors Are Behind Latest Bitcoin Rally; But Will BTC Keep Climbing?

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」