三井住友銀、豪金融グループにグリーンローン。海外向けで初

株式会社三井住友銀行は4月16日、豪の金融グループのMacquarie Group(マッコーリー・グループ) Limitedに対し、環境配慮型融資「クロスボーダーシンジケートローン(グリーンローン)」を実行したと発表した。三井住友銀行が日本から海外向けにグリーンローンを実行するのは初めて。実行日は4月9日で、海外金融機関が日本市場から資金調達したグリーンローンとしてもこれが初めてとなる。

同行のクロスボーダーシンジケートローン(グリーンローン)は、三井住友銀行が資金使途の対象となる事業について、LMA(ローン市場協会)が公表している「グリーンローン原則」に基づき、顧客のグリーンファイナンスフレームワークについて、グリーンローンの要件を充足している事業に特定したローン。「持続可能な開発目標(SDGs)」への取り組みを企業価値指標とする世界的な流れを受け、幅広い顧客の資金需要に応える。

SMBCグループは2019年1日、「サステナビリティ宣言」を遂行するための 10年間の計画として「SMBC Group GREEN×GLOBE 2030」を策定。その中で、特に環境・社会課題解決について、2029 年度までにグリーンファイナンス目標額10兆円(「環境関連分野」に特化したサステナブルファイナンス)を掲げている。同行では19年1月11日にリリースした「SDGs ソーシャルローン」を改定、資金使途を環境面に配慮した事業への用途に限定したグリーンローン、環境・社会面の双方に配慮した事業への用途に限定した「サステナビリティローン」を取り扱っている。

LMAはロンドンを本部とし1996年に設立。ヨーロッパ、中東、アフリカ地域のローン市場の拡大の推進などを目的とし、グリーンローン原則などを制定・公表している。65ヵ国以上の約750の金融機関が加盟しており、SMBCも加盟する。同行のグリーンローンの要件は、LMAのグリーン原則に記載されている①調達資金の使途②プロジェクトの評価と選定のプロセス③調達資金の管理④レポーティングに適合していること、外部評価機関から評価を取得していることと定めている。

【関連サイト】三井住友フィナンシャルグループ「クロスボーダーシンジケートローン(グリーンローン)取扱開始について」

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」