SBIバーチャル・カレンシーズ、イーサリアムの取り扱いを開始

SBIホールディングス完全子会社のSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(以下、SBIバーチャル・カレンシーズ)は12月12日、12月14日よりイーサリアムの取扱い開始を発表した。取引可能となる通貨ペアはETH/JPYとなる。

SBIバーチャル・カレンシーズが提供するVCTRADEは、セキュリティや運用面でSBIホールディングスが金融機関で培ったノウハウを活用して運営されている仮想通貨取引所だ。VCTRADEは現在、販売所形式での運営が行われているが、他の仮想通貨取引所で利用可能な仮想通貨の入出金機能が用意されておらず、本格稼働には至っていない。

同取引所は段階的にサービスの実装を予定しており、今回発表されたイーサリアムの取り扱い開始もその一環となる。今後は取引所機能の実装が予定されており、投資家からの期待も高まっている。

【関連記事】VCTRADE(VCトレード)の口コミ・評判・口座開設
【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」