ロシア最大銀行アルファバンク、法人顧客向けにブロックチェンを活用した流動性管理サービスを開始

ロシア最大の民間商業銀行アルファバンクとそのパートナーである食品小売大手X5リテールグループは9月12日、ロシア初の流動性管理ブロックチェーンサービスの開始を発表した。法人顧客向けの支払いやローン、預金、流動性プールを管理できるようになるという。

同サービスはDistributed Treasury and Cash Management(DTCM)と呼ばれるサービスで、オープンバンキング、オープンAPI、分散型台帳技術、スマートコントラクトなどのソリューションが組み合わされたシステムとなっている。Waves社のWaves Enterpriseブロックチェーンプラットフォーム上に構築された同システムは、法人向けの金融サービス(Bank as a Service)のモデルになるとして注目を集めている。

Waves Enterprise開発ディレクターIgor Kuzmichev氏は、「統一された金融アプリケーションによってデータ管理を改善、時間と取引コスト削減、運用リスクを軽減することが可能となるほか、企業は各分野でリーダーシップを発揮するのに役立つ」としている。

日本ではすでに金融業界などでブロックチェーン技術の活用が進む中、ロシアの大手銀行もブロックチェーン技術を採用したという今回の報道。ブロックチェーンの革新性が注目され、正しく理解されるきっかけとなるだろうか。

【参照記事】Russian banking and retailing giants launch blockchain service

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。