リップル社ブラッド・ガーリングハウスCEO、ブラジル中銀総裁と非公開会議

米リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEO(最高経営責任者)が、ブラジル中央銀行のカンポス・ネト総裁と非公開での話し合いを行ったことが分かった。米国のビジネスニュースメディアDecryptが6月4日、伝えている。

話し合いはテレビ会議で行われ、リップル社のラテンアメリカのディレクター ルイス・サッコ氏、ニューヨーク州の暗号資産事業規制「ビットライセンス(BitLicense)」の作成者でリップル社取締役のベン・ロウスキー氏も同席した。会議の内容は非公表とされ、ブラジル中央銀行は「制度上の問題に関連する」とだけ述べた。リップル社もメディアの取材に応じていない。

昨年末にブラジル中央銀行のネト総裁は、暗号通貨が「高速、安全、透明、そして安価な支払いシステムを提供する」優れたアイデアだと認めたが、国際取引との相互運用面に課題があると述べた。総裁は「全世界が単一国であれば、これら4項目を備えるデジタル通貨を使わない理由はない。問題はこれを国際的な購入と相互運用することにある」と語っていた。

スペインのサンタンデール銀行がリップルネットワークを活用したモバイル決済アプリ「Santander One Pay FX」は、2018年からブラジルのエンドユーザーにサービスを提供してきた。リップル社は昨年6月、サンパウロに事業所を設立し、ブラジルで著名なビジネスマンであるルイス・サッコ氏をエリアマネージャーに迎えるなど、ブラジルと南米のポテンシャルを認識していることが窺える。

2020年4月29日にブラジル政府は、全ての公共サービスの電子化を目指すデジタル政府戦略「デジタル政府戦略2020-2022」を施行している。この戦略には、行政の効率性と透明性向上を目的としたブロックチェーン技術導入も含まれており、今後の動きに注目が集まっている。

【関連記事】XRPとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Ripple executives had a word with Brazil’s central bank president

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。