CFTC議長、デジタルアセットに消極的も「米国はブロックチェーンを主導していくべき」

米商品先物取引委員会(CFTC)の議長ヒース・ターバート氏は、Faceboookのリブラがどういったプロダクトになるのか、有価証券に含まれるのか、さまざまな観点から明確ではないと指摘した。11月19日、CNBCに語った。

ターバート氏はインタビューで、ビットコインが市場に10年も存在しながらリブラのようなガバナンス問題が浮上しなかった背景について、ビットコインがコモディティーであったことにあるとしている。それに対し、リブラは開発途上にあるだけでなく、法定通貨とペグするという点でビットコインとは大きく性質が異なるという。

また同氏は、ビットコインなど仮想通貨に対して「法定通貨の機能をはたす通貨という認識はなく、あくまでもデジタルアセットとみなしている」ことを強調した。同氏をはじめ、規制サイドは仮想通貨の革新性よりもブロックチェーンの技術発展に注目しており、諸外国が仮想通貨を受け入れていく過程を見守っているという。また、今後グローバルリーダーになりうるのは「ブロックチェーン規制を立証・主導していく国である」と述べ、同氏はアメリカがその位置に立つべきと主張している。

同氏によると、規制当局は現時点では、ブロックチェーンテクノロジーの仕組みへの理解とマネーロンダリングなどの規制枠への取り組みに注力している段階だという。

【参照記事】Facebook’s Libra is a very different product than bitcoin, says CFTC chairman


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」