25〜30歳の男性有職者対象の仮想通貨アンケート結果発表、積極投資は5割弱

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社R25は4月3日、全国の25~30歳の男性有職者4,734名を対象に仮想通貨に対するアンケートの調査結果を発表した。

アンケート結果によると、仮想通貨を保有または運用している人の割合は13.5%、保有も運用もしていない人の割合は86.5%であった。同社は、仮想通貨を保有または運用していると回答した640名のうち、206名にさらなるアンケート調査を実施した。

この調査によると、仮想通貨の購入に至る意思決定として「積極的に情報収集したうえで、自分の判断で購入している」は42.7%、「知識はないが、トレンドなのでとりあえず購入しただけ」は37.4%、「友人・知人またはメディア・ブログのおすすめ情報に従って購入している」は19.9%であった。

現在、保有する仮想通貨を日本円に換算した場合の割合は「5万円未満」34.5%、「5万円以上10万円未満」17.0%、「10万円以上50万円未満」28.6%、「50万円以上100万円未満」9.7%、「100万円以上」10.2%であった。

今後、仮想通貨に投資する意欲について尋ねたところ「積極的に投資(買い増し)していきたい」は47.1%、「継続して保有するが、これ以上積極的に投資(買い増し)するつもりはない」は35.4%、「継続して保有するつもりはなく、タイミングをみて売っていく予定」は17.5%であった。

2017年、仮想通貨は時価総額を大きくのばし、仮想通貨元年と呼ばれた。コインチェックやビットフライヤーなどがテレビCMを始めたことで仮想通貨の知名度も高まり、仮想通貨市場への新規参入者が増えたためだ。一方、取引所のセキュリティやICO詐欺、資金洗浄など仮想通貨の問題も明らかになった結果、2018年1月末から現在まで価格の下落が続いた。しかし、今後、金融庁の関与や大手の参入等、こうした問題の解消に向けた取り組みが行われる見通しだ。引き続き、動向を注目したい。

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。