SBI Ripple Asia、金融機関47行参加のコンソーシアムでRCクラウドによるパイロット実装完了

SBIグループのSBI Ripple Asiaは、同社が事務局を務める金融機関47行参加の「内外為替一元化コンソーシアム」で、RCクラウドの実装試験を完了したと伝えた。3月1日、リップル社のホームページで報告している。

内外為替一元化コンソーシアムは2016年10月、ブロックチェーン関連技術(分散台帳技術)を活用し、外国為替に加えて内国為替も一元的に扱う決済プラットフォーム「RCクラウド」の実証実験を開始。同プラットフォームは、「RCクラウド」上に構築されたRippleソリューションを使用することで、メッセージング、決済、FX管理という次世代型のフローを確立することができる国内外初の商業化プラットフォームだ。レポートでは実装試験のプロセスを通じて、オペレーショナルリスク、規制上の考慮事項、標準化、銀行の会計システムに接続するための潜在的なインターフェイスなど、RCクラウド運用のさまざまな側面が評価されたと伝えている。現在47行の金融機関で構成されたコンソーシアムは、今後商業化プラットフォームへ移行する予定だ。

SBI Ripple Asia CEOの沖田隆氏は、「国内および国境を越えた支払いは、費用のかかるサイロプロセスだったが、RCクラウドは、1つのプラットフォームで両方のタイプの支払いをシームレスに処理できる」と述べ、今後はネットワークの拡大とともに世界中の銀行との取引を計画しているという。

Ripple社CEOのブラッド・ガーリングハウス 氏は、日本の主要な金融機関が明確なユースケースとブロックチェーンの実用環境に焦点を当てていることは非常に重要とし、リップルのソリューションが世界に変革をもたらしている具体例だと言及している。

現在、リップル社は、スペイン商業銀行サンタンデール、米バンクオブアメリカ、インドの民間銀行アクシス銀行などを含め、世界で90を超える金融機関と提携している。また30件以上のパイロット実装が完了しているほか、10行以上の銀行がリップルソリューションをすでに商用化している。

【参照記事】Forty Seven Japanese Banks Move Towards Commercial Phase Using Ripple

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。