ライオン、東京都墨田区とハブラシリサイクルに関する協定を締結。行政と全国初の連携

ライオン株式会社はプラスチックの資源循環を目的に、同社が本社を置く東京都墨田区と「ハブラシリサイクルに関する協定」を3月31日に締結した。連携して使用済みハブラシの回収、リサイクルを行う。行政のごみ回収事業と連携したハブラシリサイクル活動は全国初。

4月1日から同区の公共施設、全公立小・中学校及び区内全公立保育園など計85ヵ所に回収ボックスを設け、使用済みハブラシを回収する。集まったハブラシは、すみだ清掃事務所の清掃職員が定期的に集め、同社指定のリサイクル関連企業で再資源化し、植物プランターなどのプラスチック製品の素材として活用する。また、同社では回収量に応じて、区内子ども食堂などを利用する子どもたちに向けて、自社製品(新品のハブラシなど)を提供するとともに歯みがき指導などを行い、オーラルケア習慣の普及、定着に協力していく。

同社は創業時から植物油脂を原料とした製品の製造販売を行い、水環境問題や地球規模の気候変動問題に対して、商品やコミュニケーションを通じて、長年にわたり取り組んできた。近年は「サステナブルな地球環境のための取り組み推進」を重要課題と位置づけ、持続可能な社会と事業の発展の両立を目指す。

世界共通の課題であるSDGs(持続可能な開発目標)やパリ協定が実行段階となってきた2019年6月、グループの新環境目標「LION Eco Challenge 2050」を制定。2050年を目標に、事業を通じて「脱炭素(気候変動)」と「資源循環(プラスチック、水資源)」の問題に取り組み、「人と地球の健やかな未来」の実現に貢献する方針を打ち出している。実現に向けて①事業所活動におけるCO2排出量ゼロ②ライフサイクルにおけるCO2排出量半減③プラスチックの高度な資源循環④持続可能な水使用――の4つの「チャレンジ」を掲げる。

【参照記事】ライオン、東京都墨田区とハブラシリサイクルに関する協定を締結

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」