GMOコイン「貸仮想通貨」サービス開始。4月申込みで10BTCにつき年率5%

GMOコインは4月11日、新サービス「貸仮想通貨」の取り扱いを開始した。本サービスは、ユーザーが保有している仮想通貨をGMOコインに貸し出し、貸付数に応じた利子を受け取れるというものだ。

4月度の対象通貨はビットコイン(BTC)だ。貸付単位は10BTC、最大貸付数量は100BTCと設定されており、申込み受付は5月2日まで行われる。

申込み方法は、GMOコインの各種サービス規約を確認したのち、問い合わせフォームより必要事項を入力のうえ送信すると完了となる。必要事項は公式ページより確認できる。

なお募集上限以上の申込みがあった場合は抽選となり、結果連絡は5月上旬を予定している。当選者には貸付の手順が案内され、貸付後は90日間で満期となる。利回りは年率5%であるため、10BTCにつき、0.12328767BTCを受け取ることができる。

本サービスはGMOコインにとって初の試みだ。仮想通貨を長期保有している人にとっては、貸付による利息がつく貸仮想通貨は魅力的な運用手段だ。

【参照ページ】「貸仮想通貨」サービス開始のお知らせ
【関連ページ】GMOコインの口コミ・評判・口座開設
【関連ページ】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」