GMOコインがポルカドット(DOT)の取り扱いを開始、国内初

国内暗号資産取引所GMOコインが、ポルカドット(Polkadot、DOT)の取り扱いを開始したことを5月19日に発表した。日本の取引所がポルカドットを取り扱うのは初めての事例になる。

GMOコインは、今回の発表に伴い「販売所」と「つみたて暗号資産」にてポルカドットの取り扱いを開始すると発表。販売所の取引ルールは次の通りになるという。

  • 最小注文数量:0.1 DOT / 回
  • 最小注文単位 0.1 DOT / 回
  • 最大注文数量 200 DOT / 回
  • 最大取引数量 2,000 DOT/ 日

ポルカドットは、イーサリアムの共同創業者であるGavin Wood氏が設立したブロックチェーンプロジェクトだ。Web3 Foundationによって開発が主導され、主にブロックチェーンのインターオペラビリティ問題を解決すべく取り組んでいる。

現状のブロックチェーンには相互互換性(インターオペラビリティ)が存在せず、異なるブロックチェーン上に展開されているアプリケーションを相互に連携させることができない。

ポルカドットは、あらゆるブロックチェーンの「ハブ」として機能することで、異なるブロックチェーン同士を繋ぐことを目指している。ポルカドットに接続するブロックチェーンのことをパラチェーン(Parachain)と呼び、現状は接続できるチェーンの数に限りがある。

そのため、パラチェーンオークションと呼ばれるオークションが開催される予定だ。ポルカドットは2020年5月にメインネットへローンチしたものの、パラチェーンの機能は未だ提供されていない。

今回のポルカドット取り扱い開始によって、GMOコインに上場している暗号資産は次の通り計13種類となった。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、テゾス(XTZ)、クアンタム(QTUM)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)

【関連記事】GMOコインの口コミ・評判・口座開設
【参照記事】ポルカドット取扱開始のお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec