伊電力エネルと西サンタンデール銀行 顧客のエネルギー・トランジション支援

イタリア電力大手のエネル(ティッカーシンボル:ENEI)とスペイン銀行大手のサンタンデール(SAN)は3月9日、顧客のエネルギー・トランジション(#1)をサポートすべく、覚書(MOU)を締結したことを発表した(*1)。

今回のMOUを通じ、両社は一般家庭および企業向けに太陽光発電設備やリチウム電池、エネルギー効率化ソリューションの供給と融資を行う。エネルの先端エネルギーサービス事業部門であるエネル・エックス・グローバル・リテール(Enel X Global Retail)が、顧客ごとにカスタマイズされたターンキーソリューションを提供するとともに、サンタンデールはそのソリューションに合わせた融資を行う方針だ。

エネルのアルベルト・デ・パオリ最高財務責任者(CFO)は、サンタンデールのような一流の金融機関との提携を通じ、ネットゼロ社会の実現に向けてさらに一歩前進したと話す。サンタンデールのシニア・エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるジョゼ・エム・リナレス氏は、エネルのような長年にわたるパートナーと提携し、世界中の顧客がよりサステナブルなエネルギーモデルへ移行するサポートを強化していくことを喜ばしく思うと言及した。また、サンタンデール・コーポレート&インベストメントバンキング部門は、再生可能エネルギーファイナンスのパイオニアとして、この変化(よりサステナブルなエネルギーモデルへ移行)を加速させることにコミットしていると付け加えた(*1)。

エネルは約54ギガワットの再生可能エネルギー生産能力を誇り、2030年までにその生産能力を3倍ほどに引きあげる目標を掲げる世界有数のグリーンエネルギー企業だ。また、40年までに火力発電所の閉鎖やガスの小売事業から撤退することで、直接・間接排出ともにネットゼロの達成にコミットしている。一方、サンタンデールは顧客の低炭素社会への移行をサポートすべく、30年までに2,200億ユーロ規模にのぼるグリーンファイスナンス(#2)への取り組みを推進する。また、パリ協定をサポートすべく、50年までにグループ全体でネットゼロエミッション(実質排出ゼロ)の達成を目指す。

エネルやサンタンデールが拠点とする欧州が、環境や気候変動分野で主導権の確保を目指すなか、各国企業の連携による、ネットゼロ社会の実現に向けた取り組みに期待したい。

(#1)エネルギー・トランジション…従来の石炭や石油などの化石燃料を中心とするエネルギー構成から、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを中心としたものに大きく転換していくこと。

(#2)グリーンファイナンス…地球温暖化対策や再生可能エネルギーなど、環境分野への取り組みに特化した資金を調達するための債券(グリーンボンド)や借入(グリーンローン)を指す。

【参照記事】*1 エネル「Enel and Santander sign their first global deal to support clients’ clean energy transition

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」