中国でブロックチェーン技術がコロナウイルス対策を効率化、関連アプリは20件に

中国でコロナウイルス対策にブロックチェーン技術が活用されており、2月14日までにローンチされた関連アプリケーションは20件以上に上っている。国営メディア新華社通信が2月18日、報じている。改ざんが不可能でデータを安全に管理できるブロックチェーン技術は、個人情報管理と救援物資の物流効率化の側面で、中国政府と医療機関のコロナウイルス対策を支援している。

中国の北西部にあたる陝西省(せんせいしょう)は、2月1日に立ち上げたアプリを介してオンライン診断を行い、患者のプライバシーを保護する形で医療記録を管理している。浙江省(せっこうしょう)のVastchain Technology社は、居住者がゲートで囲まれたコミュニティに入る際に使用するQRコード生成システムを主要なチャットアプリWeChatに導入した。ブロックチェーン上に収集された個人情報は同社も差し替えできず、事態の沈静化後に削除される。

浙江省の保健委員会と経済情報技術部が主導するブロックチェーンベースのプラットフォームでは、防疫物資の需要や、供給状況と物流記録を把握できる。中国アリババグループの決済プラットフォームAlipayは同社モバイルアプリに情報プラットフォームを設け、コロナウイルス対策の物資支援の透明性と効率を高めている。Alipayによると、寄付者や受取人、物流を含む関係当事者が使用する記録・検証システムは検閲耐性を備えており、誰でもプロセスを追跡できる。

習近平中国国家主席は昨年10月に、ブロックチェーンの利用推進を指示していたため、企業や行政は新技術を非常に速いペースでキャッチアップしている。思わぬ形で実用化が進んだブロックチェーンのユースケースは、今月から仕事に復帰する中国の多くの人々の生活をサポートしている。

【参照記事】Blockchain technology improves coronavirus response

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」