Coincheck、新たな仮想通貨Qtum(QTUM:クアンタム)の取り扱いを開始へ

マネックスグープ傘下で仮想通貨交換事業を行うコインチェック株式会社は2月25日、新たにQtum(QTUM:クアンタム)の取り扱いを開始することを発表、これにより同社で取扱う仮想通貨は12種類となる。

Qtumは、2016年12月にQtum財団のオープンソースブロックチェーンプロジェクトで開発された仮想通貨だ。独自技術により、ビットコインで用いられている安全性の高い残高確認方式を採用しつつ、イーサリアムのスマートコントラクトを実装することができるため、ビットコインとイーサリアムの長所を掛け合わせた仮想通貨と言われている。決済だけでなく、分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps)としての機能も備えており、米グーグルや米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)とのパートナーシップを締結しDappsの開発環境の構築を行っている。

Coincheckでは購入や売却といった一般的な仮想通貨取引のほか、貸仮想通貨サービスの利用も可能になるという。取扱い開始時期は改めて伝えられるとされている。

【関連記事】Coincheck(コインチェック)の口コミ・評判・口座開設
【参照記事】Qtumの取扱い開始に関するお知らせ

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。