米CFTCによるビットコインのインサイダー取引の監視と規制の現状

米国商品先物取引委員会(以下CFTC)は、投資家保護を目的に金融市場のインサイダー取引などの不正行為を監視する権限を持つ米大統領直轄の政府機関だ。今月23日と31日には、仮想通貨規制に関する公開会議を開催する予定だとブルームバーグが報じている。

ブルームバーグは、ビットコイン市場を取り締まるべき立場にあるCFTCが、不正に保護された非公開情報に基づく商品取引を規制し、情報の機密性を守るために2010年に施行された金融規制改革法「ドッド=フランク法」をこれまで2回しか適用していないことを指摘している。

先月には、米大手取引所コインベース発表前にビットコインキャッシュが急激な値上がりを見せたことについて、インサイダー取引の疑いで内部調査が行われた。同取引所のCEOは自身のブログ内でインサイダー取引の証拠はないとし、不正があれば処罰を下すことを表明したものの、投資家保護の観点から見てインサイダー取引を技術的に可能にする現状を放っておくのは望まれない。責任のある対応が行われることを願う。

【参照サイト】Bitcoin Market Poised for CFTC Insider Trading Scrutiny

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」