2021.7.30 仮想通貨マーケットレポート【ビットコインは40,000ドルを挟んでのレンジ相場】

昨日のビットコイン相場は横ばい。再度40,000ドル台後半の高値を試すような展開にも一時的になったものの、40,000ドル付近でのショートのストップロスの注文は一旦なくなっていることから、高値ブレイクには燃料が足りないような動きになってきている。

先物ポジションでは機関投資家のネットショートのポジションが大幅に減少しておきており、再度ロングを積み直す圧力は短期筋でもおかしくない状況。

当然ショートカバーが上昇圧力を生み出すこともあるが、ショート勢がロングに目線を切り替えたタイミングでは中長期の投資家と目線が合致することになるため、トレンドが出やすくなることから、機関投資家のポジションにも注意しておきたい。

個人的にはまだ短期的には方向感が定まっていないため、無理なエントリーは行わない予定。

仮想通貨のニュースとしては、コインチェックにパレットトークンが上場となり、価格が急騰している。NFT関連通貨であることから、一時的なお祭りで上昇したか今後の動きがどうなるかはまだ不明なところ。

米国市場はNYダウやS&P500が上昇し、米国債金利も小幅上昇。しかしドルは売られる展開が継続しており、ドル円は109円台半ばまで軟化。

昨日はGDP速報値が公表され、予想対比悪化する数字となったことや、新規失業保険申請件数が前週比で減少したものの予想以上の数字だったことが嫌気された様子。しかし経済指標が株価に影響はあまり与えておらず、個人的には中国株の動向の方が気にあるところ。今週一旦急落して戻しているものの、再度投げ売りがスタートした場合は日本株も追随する形となりそう。

ドル円は全体的にショートポジションに傾いており、個人的には109円台半ばから買い下がりつつ110円付近での利益確定を検討したい。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12