2020.6.29 仮想通貨マーケットレポート【買い戻し期待でビットコインは上昇の可能性も】

金曜日からのビットコイン相場は下落。米株が下落していることが引き続きビットコインの上値を重くしている様子。

金曜日は大きなオプションカットがderibitとCMEで到来したが大きな影響はなく無難に通過した。現在CME先物は機関投資家のショートが積み上がりつつあり、株の下落にもビットコインが底堅く推移しているため、ここからは買い戻し期待も含めて一旦上方向で短期的にはみておくべきか。

各取引所のポジションも全体的にはショートポジションが多い様子であり、買い戻しフローが断続的に入ると株の下落にもビットコインは反応しづらくなると想定している。ボリンジャーバンドでは中心線に位置しておりここで頭を抑えられるかどうかがポイント。超えてくると9,500ドルあたりまでトライの可能性。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 【運営サイト】FXの車窓から