2020.5.26 仮想通貨マーケットレポート【BTCは引き続きレンジでの推移】

BTC/JPYは小幅に続落。昨日は東京時間に急落する場面があったものの引けてみるとレンジ相場。高値の目処は5/23の高値、上抜けると5/8の高値がターゲットであるが100万台で終えない限り少し遠い印象。下値の目処は昨日の安値、割れ込むと5/12の安値、割れ込むと5/10の安値がターゲット。

USD建ては高値が9,060米ドル、安値が8,650米ドルで推移。9,000米ドル台をしっかり割り込む形に。心理的節目の9,500米ドルは少し遠い印象。長期的な価格を占ううえで、他市場の動向を筆者個人は重視しており、BTCはJPYもUSDも20日移動平均も割れ込んでいること、伝統的な金融商品の上値が抑えられていることから、少し上値は重く目線は下方向であるが8,500米ドルを割れ込むか注目したい。ただ半減期も終えており、今月の足が何とか90万台後半で終えれれば更なる上昇の可能性が高い。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12