2021.3.26 暗号資産マーケットレポート【ビットコインは上値の重い展開が継続】

昨日のビットコイン相場は引き続きが上値が重く推移。下落基調に変化はないが、51,000ドル付近では下値が固くなってきており、一旦の下押し圧力は短期的には減退している様子。

先日、著名投資家レイ・ダリオ氏は米政府によるビットコイン利用禁止の可能性について言及したが、大手国営ファンドがビットコインをポートフォリオに組み込む可能性にも言及するなど強弱混在の状況となっている。

暗号資産市場全体も上値が重く推移しており、取引量も減少していることから一旦強気でのロングポジションも少し取りづらくなってきているか。

テクニカルでは引き続き下落基調が継続しているが、54,000ドル付近までは自律反発してもおかしくないと考えており、トレーディングタッチで細かく利益を取りにいくことがベターな環境。

本日も下がったところはロングでエントリーしつつ、200ドルから1,000ドルあたりの利幅で細かくとっていくスタンスが有効と考えている。直近のレジスタンスラインは53,000ドル付近にあるため、本日はまずこの上値をトライする動きが出ると考えてロングでもいいか。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12