2021.2.19 暗号資産マーケットレポート【調整安も底堅いビットコイン】

昨日のビットコイン相場は小幅下落。52,000ドルを超えてから一旦時間調整も含めた価格調整が入っている期間な様子だが、大きく崩れる様子もなく推移。51,000ドル台半ばまで下落するも短期的なポジション調整をこなしているような印象となっている。

一方でイーサリアムやDeFi関連は堅調な地合いを継続しており、イーサリアムはとうとう日本円で20万円を突破する等、DeFi関連の堅調な動きがニーズを高める動きが確かめられるような推移をしている。米BitwiseがDeFiインデックスファンドを開始したこともイーサリアムを後押しした格好となったか。

大きなマーケットの話題もなく、昨日は時間調整の日となったと理解していいと個人的には判断。次の動きをしっかりと待つことが重要か。

テクニカルでは53,000ドルを目指しに行くような地合いと感じているものの、ちょっとした大口のフローで大きく崩れる可能性もあるため、リスク量を気にしながら保守的なトレードに徹することがベター。

米債金利が急騰し株安の動きが出たりするとビットコインも反応しやすいと考えており、伝統的なアセットクラスからの影響も考慮しておきたい。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 【運営サイト】FXの車窓から