BTC投資家がパニック、BTC価格は底を打ったのか。テクニカル指標やインデックスにみる兆候とは

ビットコイン価格の降下は9月24日から始まり、翌日25日に7,660ドルに達したものの8,300ドル前後に最終的に落ち着いた。今年の7月あたりから1万ドル付近をキープしていたBTC価格が、ここにきて9月24日の1日で約15%も下落するというインシデントで投資家は一時、パニックに陥り大規模な売却となった。

BTC価格が下落始めると投資家にとって気分の良いものではない。このような心理状況をインデックス化した「Crypto Fear and Greed Index(CFGI)」という分析ツールがある。この度のBTC価格暴落時は、レベル12の「Extreme Fear・極度の恐怖」にカテゴライズされている。数字が小さくなればなるほど投資家の恐怖度の大きさを示し、購入のチャンスとも読み取れる。

ある専門家は前倒しを予測するためにOn-Balance-Volume(OBV)インジケーターに注目している。OBVインジケーターはトレンドが起こる前にボリューム量で兆候を知ることができ、分析に役立つ。8月以降BTCボリュームは1.75Mあたりをレジスタンスラインに、1.71M付近にサポートラインを平行に保っていた。この平行線がさらに大きく崩れ、ブレイクが起こった時点で、BTC暴落の価格変動が予想できたという。

他にもロング・ショート比において、BTC下落の兆候は提起されていた。BTC価格が降下する以前の比率ではショート率が高く、大量の売却の前触れを表していた。BTC価格下落に関しては様々な解析が行われる中、いまだ底を打っていないとする見解もあり、ロングで見るところのBTC価格は5万ドルを上回ると、楽観的な見方を示すトレーディングのベテランもいる。今後に注目したい。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Bitcoin’s price drop caused ‘Extreme Fear’ among investors, leading to a massive sell off

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」