bitbank、オンラインによる本人確認の導入を決定

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するビットバンクは、口座開設における顧客の利便性向上、および業務効率化を目的として、eKYC(e-Know Your Customer:オンラインによる本人確認)の導入を決定した。 金融機関向けのシステム開発業務を行うシンプレクス株式会社が2月17日、発表している。

導入にあたり、金融特化型AIソリューションを提供するDeep Percept株式会社の技術力や、本ソリューションの定期的なアップデートによる機能拡充方針、およびシンプレクスでのシステム提供実績が評価され、本人確認ソリューション「Deep Percept for eKYC」の採用に至ったという。

Deep Percept for eKYCでは、Deep Learningを活用したAI技術により、本人確認書類の顔写真と本人画像の照合を実施。業務効率化、コストダウンを実現している。また、WEBブラウザベースでの機能を提供し、顧客の口座開設時の離脱率を低減させることが可能だ。

仮想通貨取引所で口座開設をする際には従来、パスポートや免許証などの証明写真、顔写真、両者が同時に写っている写真、住所確認のためのハガキ受け取りなどのKYCプロセスが設けられていた。匿名性の高さが特徴の仮想通貨取引ではマネーロンダリングなど不正な利用が行われるリスクが高いため、健全な市場形成においてKYCは重要な役割を果たしている。

【関連記事】bitbank(ビットバンク)の口コミ・評判・口座開設


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」