Avacus、ステーブルコインDAIの採用を決定

暗号通貨でショッピングやクラウドソーシング、フリマや送金機能付きSNSを利用可能なAvacusは4月30日、USドルと均一レートで交換が可能なステーブルコイン「DAI」の採用を決定した。これにより、ユーザーはAvacusの各機能を利用して、DAIを入手したりDAIを使ってモノやコトを入手できるようになる。現在実装に向けテスト段階に入っており、近々、実際にサービス上で利用可能になる予定だという。

DAIはイーサリウムトークン(ETH)などの暗号通貨を担保に発行する、1DAI≒1US$の価値が保証されたステーブルコインだ。発行するDAIの150%のETHを担保に、いくらでも発行できる仕組みとなっている。ETHの価格が変動してもDAIの価格を維持するため、価格上昇時には追加でDAIを発行する、価格下落時にはDAIを返却するかETHをロスカットするなどの対応が求められる。

Avacusは、暗号資産を暗号資産のまま利用可能なCtoCのマッチングプラットフォーム。「Shop」ではAmazonの商品を暗号資産で買い物ができ、一方では代理購入することで暗号資産を入手可能だ。「Ask」では仕事の対価を暗号資産で受け取る/支払うことができ、「Bazaar」では手持ちの品や自作品の販売・購入ができ、「Pay」ではSNSでメッセージを送る感覚で送金・請求が可能となる。

Avacusは、ブロックチェーンを投機目的の暗号資産投資だけで終わらせず、あらゆる可能性を育み実現する技術として構築していきたい考えだ。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」