ALISトークンがAvacusで利用可能に、両ユーザーが参加可能なイベントが実施へ

株式会社ALISとAvacus株式会社は2月3日、Web3を代表するサービス提供に向けて協業を発表した。2020年2月には、ALISトークンがAvacusで利用できるようになることを記念し、ALISではAvacusのマニュアル記事を書くユーザーを募集している。

ALISは信頼できる記事と人々を明らかにするブロックチェーンベースのソーシャルメディアだ。Avacusはブロックチェーンをコアリテラシーとして、暗号資産を使って買い物がしたい人と、暗号資産がほしい人をマッチングするプラットフォームを提供している。

記事執筆に協力したライターには、Avacusを体験するための資金トークン(VACUS)をプレゼントされ、そのVACUSを使って、Amazonでのお買い物(Shop)やクラウドソーシング(Ask)、フリマでの商品売買(Bazaar)、送金機能付きSNS(Pay)による投げ銭や導入店舗の利用をが可能となる。また、Avacus上でトークンを増やす(Shopで代理購入、Askで仕事を受ける、Bazaarでモノを売る、Payで投げ銭を募る)施策も行えるという。今後はAvacus、ALISの両ユーザーが参加可能なイベントが実施される予定となっている。

【参照記事】Avacusを使いこなせばALISがもっと面白くなる! ALIS版 Avacus完全マニュアルを 一緒に作っていただける方大募集!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」