【仮想通貨投資】Liquid by FTXの口座開設方法をご紹介:スマホ版

今回は、仮想通貨取引所Liquid by FTXの口座開設方法についてご説明します。

目次

  1. Liquid by FTXの概要
  2. Liquid by FTXの3つのポイント
    2−1. クイック販売所で仮想通貨をかんたんに購入できる
    2−2. BTC/JPY、QASHを含んだ通貨ペアの現物取引の手数料が無料
    2−3. 仮想通貨ソラナ(SOL)を取り扱う
  3. 口座開設と本人確認
    3-1. STEP 1:メールアドレス・お客様情報の登録
    3-2. STEP 2:本人確認書類の提出
  4. まとめ

①Liquid by FTXの概要

Liquid
「Liquid by FTX(リキッド)」はFTX Japan株式会社が運営する仮想通貨取引所です。2014年に設立されたQuoineは金融庁から暗号資産交換業として2017年に登録を受けて、また第一種金融商品取引業として2021年10月に登録を受けて、現物取引・デリバティブ取引のプラットフォーム提供を継続しています。Quoineはまた2022年2月に米FTX Trading Limited(FTX)による買収契約を締結。同時期に国内で初めてソラナ(SOL)とFTXトークン(FTT)の取り扱いを開始しました。買収完了後にQuoineはFTXの商品及びサービスを徐々に自社のサービスに統合していく計画です。

②Liquid by FTXの3つのポイント

1. クイック販売所で仮想通貨をかんたんに購入できる

Liquid by FTXのクイック販売所は、シンプルな画面で仮想通貨投資が初めての方におすすめです。支払い通貨と受け取り通貨を選択するだけですぐに仮想通貨の取引でき、日本円での取引だけでなく仮想通貨同士の交換も可能です。

  • 販売所の取扱銘柄:

    12種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、OMG、ポルカドット、エンジンコイン、FTXトークン、ソラナ、ドージ

2. BTC/JPY、QASHを含んだ通貨ペアの現物取引の手数料が無料

Liquid by FTXでは、BTC/JPYの現物取引および、QASHを含んだ通貨ペアの取引手数料が無料となっています。板(オーダーブック)を介した現物取引では、指値注文、成行注文、逆指値注文、トレール注文を利用できます。マーケット分析に便利なチャート機能を備えて、QASHを使った手数料の割引が受けられるなど、トレード上級者のニーズにも対応します。

  • 取引所の取扱銘柄:

    12種類:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシックアテンショントークン、OMG、ポルカドット、エンジンコイン、FTXトークン、ソラナ、ドージ

3. 仮想通貨ソラナ(SOL)を取り扱う

Liquid by FTXは注目度の高い仮想通貨ソラナ(SOL)を取り扱っており、SOLの出庫手数料は0.01SOLとなっています。ソラナ・ブロックチェーンは、安価な取引手数料、強化されたスケーラビリティ、高速なトランザクションなどから「イーサリアム・キラー」の代表格と位置づけられています。DeFi(分散型金融)やGameFi(ゲーム+金融)など、様々なアプリケーションに採用されており、Move-to-Earn(動いで稼ぐ)で話題の「STEPN」もソラナを採用しています。STEPNを利用するにはLiquidでSOLを購入し、アプリ上のウォレットに送付して運用する、といった流れがスムーズです。

②口座開設と本人確認

Liquid by FTXの特徴を解説したところで、次は口座開設方法を解説していきます。Liquid で口座開設するために、メールアドレス&携帯電話番号登録、受信したメールからお手続き、ご本人情報のご登録と、3つのSTEPが必要になります。

本人確認書類の提出方法は主に2つあり、1つはパソコンから本人確認書類を提出してハガキを受け取る方法です。そしてもう1つはスマホで本人確認をする方法です。ここでは、スマホから本人確認書類を提出する方法についてご説明します。

STEP 1:メールアドレス・お客様情報の登録

Liquid 1Liquid by FTXのアプリをダウンロードをしたら、メールアドレスと携帯番号を登録してアカウントを登録します。メールアドレスを入力後に「登録」をクリックすると、メールアドレスに本登録用のURLが送られてきます。
Liquid 2「アプリで開く」を選択すると、パスワード入力画面、本人情報の登録画面に移ります。Liquid 3そして「基本情報・居住情報・職業などの入力」を行います。住所のビル名や部屋番号など、身分証に登録している正式な個人情報を入力し、職業や投資経験などの質問に回答。約款等の確認を行いチェックしましょう。Liquid 4入力内容を確認すると、登録が完了となります。続けて、ログイン時の2段階認証の設定へと移ります。Liquid 5改めてアプリにログインしようとすると、2段階認証コードの設定画面が立ち上がります。中央にある「セットアップキー」を長押しするとコピーできるので、「Google Authenticator」などの外部アプリを立ち上げて、これを入力します。Liquid 62段階認証コードの設定が済んだら、最後に4桁のパスコードを設定すると、ログインできるようになります。ここまできたらあとは本人確認資料を提出するのみです。Liquid 7

STEP 2:本人確認書類の提出

Liquidのトップページの左上「E」をクリックするとサイドメニューが表示されます。本人確認へ移るには、アカウント名の横にある「!」をタップします。Liquid 9アカウント情報の中央にある「本人確認書類」をタップすると、「かんたん本人確認」のアプリが立ち上がります。Liquidは、株式会社Liquidが提供する「Liquid eKYC」を利用しています。LIQUID eKYCは、スマートフォンで本人確認書類と容貌(顔)を撮影するだけで本人確認が可能になるものです。「かんたん本人確認を行う」をタップすると専用画面が表示されます。運転免許証かマイナンバーカードかを選択し、ガイダンスに沿って写真を撮影しましょう。
Ekyc本人確認書類の提出を終えると、口座開設作業は完了です。申し込み時間や審査状況によっては時間がかかる場合があります。また、審査の結果、画像に不備がある場合など再度手続きが必要になる場合もあります。

③まとめ

審査を無事に通過すると、Liquid by FTXで仮想通貨取引が可能になります。Liquid by FTXのスマホアプリは、わかりやすい取引画面と強固なセキュリティ(IP認証、2段階認証)で初心者の方でも安心して仮想通貨を取引できます。

Liquid by FTXはBTC/JPYとQASHを含んだ通貨ペアの現物取引の手数料が無料なので、トレーディングにも最適です。仮想通貨ソラナ(SOL)は手数料無料で外部ウォレットに出庫できるので、Move-to-Earn(動いで稼ぐ)で話題の「STEPN」をはじめとする、ソラナ・エコシステムの様々なGemeFiアプリケーションを利用するにも便利です。

今すぐ投資するつもりはなくとも、突然購入チャンスが生じることがあります。そうした場合に備えて、アカウントを開設し、仮想通貨取引に必要な本人確認プロセスを終えておきましょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。