NFTゲームをプレイして稼ぐ『GameFi(ゲームファイ)』について解説【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

今回は、GameFiについて、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。

目次

  1. GameFiに関する基礎知識
    1-1. GameFiとは?
    1-2. GameFiの特徴
    1-3. GameFiに用いられる仮想通貨
    1-4. GameFiとDEX
  2. 代表的なGameFi
    2-1.Axie Infinity
    2-2.Sorare
  3. まとめ

パブリックブロックチェーン上で利用できる金融系アプリケーションの分野は「DeFi:ディファイ(Decentralized + Finance)」と呼ばれ、過去数年間にDeFiの市場規模は爆発的に拡大してきました。同様に、「Game」と「Finance」を組み合わせた造語に「GameFi(ゲームファイ)」があり、GameFiは2021年に急成長している分野です。今回は「GameFi」の現状について解説します。

①GameFiに関する基礎知識

まずは、GameFiに関する基礎知識について解説します。

1-1. GameFiとは?

ゲームと金融と言うと一見かけ離れたもののように感じるかもしれませんが、ゲームをすることと経済活動が組み合わさっているものと考えるとイメージしやすいでしょう。 今までゲームと言うとほとんどが単なる遊びに過ぎなかったものが、仮想通貨によって収益を得られるようになり(Play-to-Earn)、経済活動の舞台となりつつあります。

1-2. GameFiの特徴

GameFiの厳密な定義や要件はありませんが、いわゆる「NFTブロックチェーンゲーム」と呼ばれることもあります。一般的なGameFiの特徴には以下のようなものがあります。

  1. プロダクト上の決済用トークンとは別に、ゲーム上のアイテムを表すトークンとしてNFTが使用される
  2. ゲーム内アイテムを表すNFTはゲーム外市場での売買も可能
  3. 土地の概念があるプラットフォームでは、土地の区画(LANDやESTATEなど)がNFT(ノン・ファンジブル・トークン)として表され、不動産として運用が可能
  4. ゲームをプレイすることでトークンを稼ぐことができる(Play to earn)

1-3. GameFiに用いられる仮想通貨

GameFiでは複数のトークンが使われるケースがありますが、それらは基本的にトークンとしての機能が違います。

GameFiではFT(ファンジブルトークン)とNFT(ノンファンジブルトークン)が使用されているのが一般的です。アバターなどのゲームアイテムやLANDはNFTで、ガバナンストークンやゲーム内通貨はFTが使用されます。

1-4. GameFiとDEX

現段階において最も利用されているGameFiは「Axie Infinity」(アクシー・インフィニティ)です。

【関連記事】Play-to-Earn(ゲームして稼ぐ)筆頭株のアクシー・インフィニティとは?【月間アクティブユーザー数が200万超】

Axieは最近、「Katana」という独自のDEX(分散型取引所)を設置しました。これは、ゲーム内で獲得したトークンを非常に安価な手数料で別のトークンに交換できるものです。Katana DEXは、「Ronin」という名前のAxie Infinityのイーサリアムサイドチェーン上に構築されています。Axie Infinityのユーザーは、Axie Infinityのエコシステム内でAXSトークンとSLPトークンをステーブルコインUSDCやイーサリアム(ETH)に交換することが可能です。

Axie Infinityは、DEXの設置によりエコシステムをよりユーザビリティの高いものにしています。また、仮想通貨の交換以外にもステーキングや流動性提供(マーケットメイキング)から金利を稼ぐこともできます。

②代表的なGameFi

最後に現時点での代表的なGameFiを2つご紹介します。

2-1. Axie Infinity

Axie1
「Axie Infinity」は、2018年にベトナムのベンチャー企業であるSkyMavisにより開発されたイーサリアムブロックチェーンで制作されたGameFiです。フィリピンやインドネシアなどを中心に世界にユーザーが存在し、2021年10月にはDAU(デイリーアクティブユーザー)が200万人を超えています。

人気の最大の理由は、フィリピン、インドネシア、ベネズエラなどの発展途上国のユーザーが同国の1日当たりの平均賃金である30ドルよりも、Axie Infinityをプレイして得られる50ドルの方が多いという要因にあります。

Axie Infinityの具体的なゲーム内容ですが、「アクシー」と呼ばれるキャラクターを使用して他のユーザーと対戦したり、 キャラクターを育成し、強化していきます。対戦方法はトレーディングカードゲームに近いもので、 「アクシー」にはスキルカードという能力を定義する機能があり、1つのアクシーはそれぞれ4種類のスキルカードを装備し、プレイヤーそれぞれが3体の「アクシー」を使用して対戦をし、敵を全滅させる事で勝利をします。

ゲームで使用される「アクシー」は、一つ一つがNFTトークンで、育成したアクシーをマーケットプレイスで売却することもできます。また、プレーすることで報酬として、「SLP」という仮想通貨が得られます。ゲーム内では、アクシーのブリーディングに必要となるため、アクシーを強化するためにはゲーム内で報酬として受け取ったSLPを消費する必要があります。

現在のプレイ報酬は以下のようになっています。

  • アドベンチャーモード(対PC)での獲得・・・50SLP/日
  • デイリークエストのクリアボーナス・・・25SLP/日
  • PVP(アリーナ)で5勝(対ユーザー)・・・0~15SLP/日 対戦レートによって変化

つまり、プレイするだけで1日75SLPが報酬として受取れ、対ユーザー戦で勝利することで、それ以上のSLPの獲得が可能です。

ゲームに参入するためには3体のアクシーが必要で、その参入コストを払えない方の為にスカラーシップ制度というAxieのレンタル制度が始まっています。これは、スカラーと呼ばれるプレイヤーにマネージャーと呼ばれる投資家がアクシーを貸し出して代わりにプレイをしてもらう仕組みのことで、スカラーが稼いだSLPやAXSの分配を行うという制度です。分配率に関してはマネージャーとスカラーの交渉次第ですが、マネージャーは稼いだ仮想通貨の50%~70%を受け取ることが相場となっているようです。

報酬はSLPという仮想通貨で行われますが、Axie infinityのDEXであるKataneで日本の仮想通貨取引所で取り扱いのある仮想通貨に交換することで、日本の取引所への送金も可能となります。

2-2. Sorare

Sorare
「Sorare」(ソラレ)は2019年に誕生したフランス企業で、イーサリアムベースのNFTプラットフォームとしてプロサッカー選手のNFTトレーディングカードの販売をしています。

SorareのNFTトレーディングカードは、コレクターアイテムやNFT銘柄としての売買対象としてだけではなく、「ファンタジーゲーム」と呼ばれるジャンルのゲームを楽しむことができます。

ファンタジーゲームとは、チームマネジメントゲームの一種で、ポジション別にユーザーが選択した選手を組み合わせた架空のチーム(ファンタジーチーム)を作って試合をするシュミレーションゲームです。

これもGameFiの1種で、賞金制のトーナメント形式の大会が多く賞金も高額であるため一攫千金が狙え、欧米では熱狂的なファンも多いゲームです。

③まとめ

SorareのトレーディングカードやThe SandboxのLANDなどのNFTアイテムはCoincheckもNFTマーケットプレイスでも購入が可能です。GameFiをすぐにでも始めたい方は、CoincheckのNFTマーケットプレイスでSorareのカードを購入するところから始めてみてはいかがでしょうか?

コインチェックNFTが取り扱いを開始するSorare(ソラーレ)とは?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

The following two tabs change content below.
中島 翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12