サザビーズ、2021年のNFT販売で1億ドルの純利益

世界最古のオークションハウスであるサザビーズは、2021年のNFT販売額が1億ドルに達したと報告している。ブロックチェーンメディアThe Blockが12月15日、報じている。

サザビーズは4月12日から14日にかけてデジタルアーティストPak氏とNFTの販売を開始、3,000人のバイヤーから1,680万ドルを獲得した。それ以来、同オークションハウスではオリジナルの「World Wide Web」(WWW)のソースコードのNFTを530万ドル、デジタルアート作品「CryptoPunks」のNFTを1,180万ドル、NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」のNFTを2,440万ドルで売却するなど、さまざまなNFTオークションを開催してきた。サザビーズによれば、NFT入札者の78%はサザビーズに初めて参加し、半数が40歳以下だったという。

デジタル資産の爆発的な普及を受け、サザビーズは10月にはSotheby’s Metaverseと呼ばれる独自のNFTプラットフォームを立ち上げている。

【参照記事】Sotheby’s netted $100 million from NFT sales in 2021: report

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。