YouTube、NFT導入の可能性を示唆。Web3の流れを受けYouTube体験の強化を模索

動画プラットフォームYouTubeのCEOであるSusan Wojcicki氏は、クリエイターに宛てた年次報告の中でNFT(非代替性トークン)を展開する可能性について示唆したという。

1月25日に同社公式ブログに投稿された記事には「YouTubeが革新を続けるためのインスピレーションを得るためにWeb3で起こっていることをフォローしている。暗号資産やNFTさらには、分散型自治組織(DAO)などに注目が集まり、これまで想像しなかった繋がりをクリエーターとファンの間に築くことができた。クリエーターがNFTなどの新テクノロジーを活用しYouTubeのエコシステムの拡張することで、YouTube体験を強化し向上させることに重点をおきたい」と書かれている。

YouTubeは現行、クリエーターがタグ付けした商品を購入できるパイロットプログラムを導入している他、TikTokのような短編ビデオを閲覧できる機能「ショート」をベータ版で提供しているが、収益化はできない。報告の中ではショッピング機能について、「ショート」とShopifyのようなEコーマスサイトと提携することで、インタラクティブなショッピング体験を提供したいとしており、記事の中で触れられていないものの今後NFTのショッピング機能が実装される可能性も考えられるだろう。

昨今では、ソーシャルメディアがNFT機能をプラットフォームへ統合する動きが加速している。2021年にはInstagramがNFT統合を計画している声明を発表したり、2022年に入ってからはTwitterがサブスクリプションサービス「Twitter Blue」でNFTをプロフィールに設定する機能を追加したりと話題になっている。

YouTubeは毎年トップクリエーターに独自のギフトを贈呈しており、今年はNFTが送られたという。1,000万人のフォロアーを持つ人気ユーチューバー「HIKAKIN」は、自身の動画で「Better Together 一緒ならもっとうまくいく|No.140 ヴァレリア・モンテロ作(2021年)」と刻印の入ったNFTアートを紹介した。

【参照記事】 Letter from Susan: Our 2022 Priorities

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。