横浜銀と千葉銀、個人資産運用業務でESG関連ファンドをラインアップ

コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行は千葉銀行との業務提携「千葉・横浜パートナーシップ」 に基づき、個人資産運用業務においてグループ会社を活用した協働を2月17日から開始した。

両行は2019年7月に業務提携「千葉・横浜パートナーシップ」を開始、法人部門、個人部門の幅広い分野で協働の可能性を検討する中、個人の顧客の多様な資産運用ニーズに対応するため今回の施策を打ち出した。

同日から、ちばぎんアセットマネジメント株式会社が設定する「ジャパンESGクオリティ 200 インデックスファンド(愛称:ESGナビ)」の取り扱いを開始。ESG(環境・社会・企業統治)への関心が高まるなか、関連したファンドをラインアップに加えることで、個人投資家の理解促進と投資機会の創出を図るとしている。

同ファンドは国内株式を主要投資対象とし、「iSTOXX MUTB JAPAN ESGクオリティ200 インデックス(配当込み)」に連動する投資効果を目指す。同インデックスは、インデックス提供企業のSTOXX(ストックス)社と、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJトラスト投資工学研究所が共同開発した指数。それぞれの地域で高品質のESG準拠企業の業績を把握することを目的に、ESGスコアと4つの基本的な指標(収益性、レバレッジ、キャッシュフロー生成能力、およびビジネスの安定性)を組み合わせたスクリーニングとランキングに基づき選択される(ストックス社のウェブサイトより)。両行は「投資するESG関連企業の市場価値向上による中長期的なリターンの獲得が期待できる」としている。

同ファンドの当初募集期間は2月17日から2020年3月9日。設定日は2020年3月10日。購入時手数料は購入価格に対し2.2%(税込み)。販売会社は横浜銀と千葉銀、武蔵野銀行、ちばぎん証券。横浜銀、千葉銀、ちばぎん証券は2月17日、武蔵野銀は3月2日より募集開始予定。

【参照記事】個人資産運用業務におけるグループ会社を活用した協働の開始について~「千葉・横浜パートナーシップ」連携施策【Vol.6】~

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE編集部 ESG投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ESG投資チームは、社会・環境・ガバナンスに配慮したESG投資の知識が豊富なメンバーがESG投資に関する基礎知識からESG投資の種類、ESG投資に関する最新情報などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」