投資家はビットコインの長期保有が視野か。高値更新の中、取引所からの引き出し続く

CryptoQunt社のデータによると、暗号資産取引所に保有されているビットコインの量が230万BTCとなり、2018年8月以来の最低値を記録している。暗号資産の保管は取引所ではなくウォレットで行うことが一般的で、昨今の価格更新に関わらず投資家は暗号資産を売るつもりがないことを示唆している。

ビットコインのようなパブリックチェーンでは取引量や保有量といった取引データを閲覧することが可能なため、理論的には暗号資産取引所のウォレットを特定することも可能だ。一方で、そのウォレットが確実に取引所のものであるかどうかを特定することは難しい側面もあるため、データを盲信しすぎないよう注意も必要だ。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Users Still Withdrawing BTC From Exchanges as New All-Time High Looks Imminent

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。