ICカード「スイカ」、仮想通貨でチャージするサービスを検討

JR東日本が発行するICカード「スイカ」などの電子マネーに仮想通貨でチャージするサービスが検討されていることが明らかとなった。3月27日、テレビ朝日が報じている。

スイカは延べ7,500万枚が発行され、大手コンビニなどの58万店舗で利用できる電子マネーだ。テレビ朝日によると、JR東日本が出資する仮想通貨交換業者DeCurretが6月から、スイカを含む複数の電子マネーに仮想通貨でチャージできるサービスを検討しているという。

【関連記事】IIJを筆頭株主とするディーカレット、新規参入業者で初めて仮想通貨交換業者へ登録
【参照記事】仮想通貨で「スイカ」等チャージ 初のサービス検討

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。