IIJを筆頭株主とするディーカレット、新規参入業者で初めて仮想通貨交換業者へ登録

株式会社ディーカレットは2019年3月25日、資金決済法に基づく仮想通貨交換業者の登録業者として認定されたことを発表した。同社が運営する仮想通貨取引所DeCurretは、3月27日よりアカウント開設の受付を開始、4月16日より現物取引サービスを開始する予定だ。

同取引所では、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、XRP、イーサリアムなどの仮想通貨(デジタル通貨)を取り扱う。「すべての価値をつなげて、シンプルに交換する」をコンセプトに、安全性と利便性を備えたデジタル通貨取引のスタンダードとなる「デジタル通貨のメインバンク」を目指す。

同社は、株主が株式会社インターネットイニシアティブ、伊藤忠商事株式会社、株式会社大和証券グループ本社、野村ホールディングス株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社三井住友銀行、三井不動産株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社電通、などの大手企業から構成されていることも特徴だ。

同社は2018年1月に設立し、同じく登録業者として申請中だった楽天ウォレット株式会社と同日に仮想通貨交換業者に認定された。楽天ウォレットは元々、みなし業者として運営していた事業者であったが、ディーカレットのように新規参入業者が仮想通貨交換業登録を完了するのは登録制度導入からの約2年で初めてのケースとなる。

金融庁が投資家保護強化のため仮想通貨交換業者の登録審査を厳格化する中での、本ケースは今後の仮想通貨市場へどのような影響を与えるのか。注目していきたい。

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。