ステイクテクノロジーズ、マイクロソフトのスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択

日本発パブリックブロックチェーンPlasm Network(プラズムネットワーク)の開発を主導するステイクテクノロジーズ株式会社は5月6日、マイクロソフト コーポレーションが提供するスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択された。

「Microsoft for Startups」は、マイクロソフト社によるスタートアップ企業が企業規模の拡大を成功させるための支援を目的とした、グローバルプログラム。スタートアップ企業に対し、Azure や GitHub Enterprise などのマイクロソフトの保有する強力なテクノロジへのアクセスと、Microsoft や Microsoft のグローバルパートナーエコシステムとの共同販売への効率的なパスが提供されている。

ステイクテクノロジーズは2019年より日本発のパブリックブロックチェーンであるPlasm Networkの開発を行ってきた。2021年には、Polkadotのテストネットへの接続、Polkadot上でのクロスチェーントランザクションの成功、Binanceをリード投資家にした資金調達等の実績を重ねている。

Plasm Networkのメインネットローンチにあたり、ネットワーク参加者にはAzureを用いたPlasm上のノード構築に関する学習コンテンツの提供、メインネットのノード構築のオンボーディングなどを提供するという。また、中長期的には、Plasmをより簡単に素早く利用するためにMicrosoft Azureのマーケットプレイスにソリューションの掲載を検討してるとしている。

同社は日本のエンタープライズの企業様向けにPlasmのソリューション展開をし、より簡単にパブリックブロックチェーンの実用化を目指す考えだ。

【公式Discord】Plasm&Shiden Network

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。