三井住友信託銀行、証券化商品を裏付けとするセキュリティトークンの発行へ

三井住友信託銀行株式会社は3月29日、Securitizeのプラットフォームを利用した国内初の証券化商品を裏付けとするセキュリティトークンを発行する試験的取組を実施した。

証券化商品を裏付けとしたセキュリティトークンの発行は国内初。本件セキュリティトークンに対しては、株式会社格付投資情報センターより、「a-1」の格付が付与されており、セキュリティトークンに格付けが付与されることも日本初の事例となるという。

通常、証券化商品を譲渡する際の権利移転手続きとして、民法に基づく対抗要件具備を必要とするケースや、証券化商品の有価証券の交付を必要とするケース等があるが、本スキームでは受益証券発行信託を利用し、受益証券を不発行とした上でトークン化することで、権利移転時に、券面の交付を要さず、ブロックチェーン上の記録と受益証券発行信託の受益権原簿が書き換わることで投資家の権利移転が行える仕組みとなっている。

同社は、セキュリティトークンを活用した資金調達手法を提供するSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)市場の発展に向け、金銭債権や不動産をはじめとする各種資産を裏付けとするセキュリティトークンの発行・管理等の研究開発を積極的に推進していくとしている。また、ESG・SDGs等の社会的なテーマと投資家を繋ぐ方法の一つとしてセキュリティトークンの活用を検討していく考えだ。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。