13の金融機関が新規にRippleNetへ加盟、5社はXRPを活用するxRapidを採用

国際送金ソリューションサービスを提供するRippleは1月8日、13の金融機関が同社の手がける国際送金ネットワークRippleNetに新しく加盟したことを発表した。そのうちの5社では、デジタルアセットXRPを利用するxRapidが採用され、Euro Exim BankによるxRapidの採用も発表された。

Rippleは、高コスト・時間がかかる・送金記録の消失リスクといった効率改善の余地がある国際送金マーケットに対して、ブロックチェーン技術を活用した低コスト・オンデマンド即時決済・リアルタイムな資金追跡可能なソリューションを提供することを目的としている。

このほどRippleNetに加盟した13の金融機関は、Euro Exim Bank、SendFriend、JNFX、FTCS、Ahli Bank of Kuwait、Transpaygo、BFC Bahrain、ConnectPay、GMT、WorldCom Finance、Olympia Trust Company Pontual/USEND、Rendimentoだ。

Ripple社の代表Brad Garlinghouse氏は、「私たちの目標は、世界中のどこにいても、顧客が優れた効率的なクロスボーダー決済を自分の顧客に提供できるようにすることだ。」と述べた。2018年には約100社の金融機関が、RippleNetに加入していたが、現在では200を超える金融機関がRippleNetに加盟したことも発表されている。現在Rippleでは、1週間に2・3社ほど新規顧客と契約が進んでおり、RippleNetは6大陸40か国以上で事業を展開するに至っている。

【参照記事】RippleNet Surpasses 200 Customers Worldwide

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」