米仮想通貨取引所Poloniex、米国向けサービスで9種類の仮想通貨を取引停止に

米国の大手デジタル資産取引所Poloniexは5月17日、9種類の仮想通貨の取り扱いを米国内において禁止すると発表した。取引の停止は5月29日からとなる。米国以外の国では、引き続き仮想通貨の取引をすることが可能だ。

対象の仮想通貨は、ARDRやBCN、DCR、GAME、GAS、LSK、NXT、OMNI、REPだ。Poloniexは国ごとの法規制を遵守した運営を方針としている。今回の取引停止についてPoloniex側は、米国が対象の9銘柄を有価証券とみなすか否かは不明確であることが原因だとする。

国際送金企業Circleの共同創設者でPoloniex代表であるJeremy Allaire氏は、仮想通貨は「証券やコモディティ、通貨などに単純に分類されない新しい金融商品である」と自身の見解を示した。米国において有価証券の販売をするには、米国証券取引委員会(SEC)への登録が必要になる。米国において、仮想通貨が有価証券に該当するか否かの議論は度々トピックとして挙がっている。

【参照記事】Poloniex to stop offering trading of 9 assets to US customers; all assets remain available to non-US customers


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」