Moonstake、Polygonブロックチェーンへのサポートを開始

分散型ウォレットサービスを開発・運営を行うMoonstakeは4月15日、Polygon Networkのサポートを実装することを発表している。このアップデートにより、Moonstake ウォレットのユーザーは、ウェブ版とモバイル版の両方で、MATICコインだけでなく、MATICトークンの送受信や所有ができるようになる。

また、Moonstakeは現在すでにイーサリアム上のORBSのステーキングをサポートしていることから、MATIC標準を使用するトークンとしてポリゴンブロックチェーン上のORBSのステーキングをサポートすることを検討しているという。これにより、ユーザーはより安全でフレンドリーなステーキングプラットフォームを通じて、2つのブロックチェーン上のORBSを利用でき、マルチチェーンステーキングを介して報酬を得ることが可能となる。

Moonstakeは、2020年にアジア最大のステーキングネットワークの構築を目指し、ステーキング事業を開始した。2020年8月に本格運用を開始したMoonstakeのステーキング資産総額は18億ドルに達するまでに急成長し、2021年6月には全世界のステーキングプロバイダー15,000社の中で世界第3位のステーキングプロバイダーとなっている。2021年3月には、DeFiプラットフォーム「Muse.Finance」でDeFiに参入し、今後もDeFi事業を拡大していく予定だとしている。

Polygonは、分散型のイーサリアムスケーリングプラットフォームで、開発者はセキュリティを高水準に保ったまま、取引手数料を低くしスケーラブルでフレンドリーなdAppsを構築することが可能なプラットフォームとなる。Polygonは、イーサリアムのセキュリティ、活発なエコシステム、オープン性などの利点を生かし、Polkadot、Cosmos、Avalancheなどのような本格的なマルチチェーンシステムへと変化させることを可能にする。

【参照記事】Moonstake、Polygonブロックチェーンへのサポートを開始

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。