決算事業大手Mastercard、R3とブロックチェーンクロスボーダー決済開発へ乗り出す

決算事業大手のMastercardは9月11日、エンタープライズ向けのブロックチェーンソフトウェア企業R3と提携、ブロックチェーン基盤のクロスボーダープラットフォーム開発を行うことを発表した。

発表によると、MastercardとR3は、新プラットフォームの開発及び試験を行うための戦略的パートナーシップを締結した。両社は、高速決済を可能にするインフラストラクチャーとスキームに焦点を当てた、銀行優位のブロックチェーン基盤のクロスボーダープラットフォーム開発に着手するという。

R3は金融機関向けの分散型台帳技術「Corda」を提供するソフトウェア会社である。Cordaのエコシステムは世界300件を超える大手金融サービス企業、テクノロジー会社、中央銀行、規制当局や業界団体まで広い範囲を網羅している。Mastercardは今年7月、米オンライン送金業Transfastを買収しており、Cordaのエコシステムとの統合によりクロスボーダー決済の強化を目指す計画だ。

両社は、Mastercardの知名度および既存の決済資産とR3のブロックチェーン専門知識が組み合わせることで、決済手数料、流動性の管理、国内清算と銀行間における標準規格・プロセスの欠如など様々な問題解決を目指す考えだ。Mastercardは今月3日、R3とTradeIXが立ち上げた分散型台帳基盤の貿易金融ネットワーク「マルコポーロ」にも参画している。昨今Mastercardはデジタルトランスフォーメーションに注力しており、決済分野でも注目が集まっている。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」