シンガポール金融管理局、クロスボーダー決済システムのプロトタイプを開発中

シンガポール中央銀行である金融管理局(MAS)は11日、米大手金融JPモルガンとシンガポール政府傘下の投資企業 Temasek(テマセク・ホールディングス)との協力による、クロスボーダー決済システムのプロトタイプ開発に取り組んでいると発表した。

MASは2016年11月、分散型台帳技術(DLT)を活用した銀行間決済プロジェクト「プロジェクトUbin」をスタートさせた。同コンソーシアムには、ブロックチェーン企業のR3、三菱UFJフィナンシャルグループ、JPモルガン、シンガポール取引所(SGX)などが加盟している。この度のプロトタイプ開発はUbinプロジェクトの一環である。

第5段階をむかえる同プロジェクトでは、ブロックチェーンを活用し異なる通貨でシームレス決済を可能にするインターフェースを実装する。さらに民間取引におけるDVP決済や、条件付き支払、エスクロー取引、支払コミットメントなどのユースケースをサポートする追加機能も実装される予定となっている。

現在は、同システムのプロトタイプが商用ブロックチェーンアプリケーションと統合できるかどうかの検証が行われているという。完成品は今月15日まで開催のSingapore FinTech Festivalと、Singapore Week of Innovation and TeCHnology(SFF x SWITCH)2019で展示が予定されている。

【参照記事】MAS Helps Develop Blockchain-based Prototype for Multi-Currency Payments

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」