イーサリアム大型アップデートも価格形成に影響せず。仮想通貨投資も本質の見極めが必要なフェーズへ

大規模アップデート「イスタンブール」を終えたイーサリアムは、150ドル以下の価格で推移を続けている。下落トレンドが続く中、投資家もアップデートに対する興味関心が薄れていることが見て取れる。

イーサリアムは150ドル近辺で取引が続いており、152ドルに大きな抵抗ラインが存在している。ビットコインが8,000ドルに向かって動き始めたことを受け、イーサリアムも同様に勢いを増していることが見て取れる。

2018年まではハードフォークによって価格が大きく変動することも多かったが、最近ではこうしたイベントが価格形成に与える影響は軽微なものだ。価格が変動したとしても後から振り返れば一時的なものであったりと、イベントに一喜一憂するよりも本質的な側面で投資を検討する必要があることが仮想通貨マーケットでも一般的になってきている。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら


HEDGE GUIDEでは、国内外の仮想通貨・ブロックチェーンに関する最新ニュースやコラム記事の編集業務を担当するエディターを募集しています!WEBメディアで記者・編集者としての業務経験をお持ちの方、金融業界に関する知識をお持ちの方を募集中です!

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」