IBM、ブロックチェーンベースWEBブラウザの特許申請へ

IBMは8月6日、米国特許商標庁(USPTO)にブロックチェーンべースのWebブラウザに関する特許を申請を提出した。同社の出願文書によると、このブラウザはピアツーピアをベースとしたもので、ウェブブラウジングから事前に情報を収集するという。

ブロックチェーン基盤のWebブラウザに取り組むのはIBMだけではない。今年6月、Webブラウザ「Opera」は暗号通貨ウォレット機能を搭載し、ERC-20トークンを含むWeb3.0アプリケーションにシームレスに接続できるようになった。また、8月には広告を閲覧したユーザーに報酬として仮想通貨を付与する「Brave」がBasic Attention Token(BAT)の投げ銭サービス開始している。

こうした中にIT大手のIBMが参入することで、さらなるブロックチェーン技術を活用したサービスの普及が期待されている。

【参照記事】IBM has filed a patent for blockchain-based browser

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」